インプラント治療に関する知識記事一覧

虫歯の進行がすすんでしまうと、虫歯の治療で歯の神経を抜かなければいけない場合があります。歯の神経を失うと、歯はもろくなってしまいます。しかしファイバーコアという治療法を行えば、神経を失った歯を強化し、歯の寿命を延ばす事が可能になります。ファイバーコアは、グラスファイバーの芯と、強化プラスチックで出来た歯の土台です。歯の土台をファイバーコアにするメリットは、歯が強化する事に加え、歯の根の変色を防ぎま...

スマイルデンチャーを知っていますか?スマイルデンチャーとは、部分入れ歯の一種ですが、通常の部分入れ歯とは大きく異なる部分があります。一般的に部分入れ歯とは、入れ歯を支えるためとはいえ、銀色のフックが気になるという人も少なくないでしょう。スマイルデンチャーの場合は、この銀色のフックが目立たないように、歯や歯茎の色と同じ色に揃えます。そうする事で、部分入れ歯をつけている事が周囲の人にバレずに、口を開け...

インプラント治療を受ける歯医者を選ぶときは7つのポイントを重視したほうが良いです。そのポイントとは、納得できるまで説明してくれること、専用の手術室があること、CT装置があること、術前指導を行っていること、麻酔を取り入れていること、定期検診があること、保証期間があることです。インプラントの手術のことを納得いくまで説明してもらうことで安心して手術を受けることができます。手術専用のオペルームがあることで...

インプラントにしようか、入れ歯やブリッジにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか?迷っている人は比較してからどちらにするか決めると良いでしょう。インプラントと入れ歯を比較すると、入れ歯はインプラントに比べて治療が簡単ですし費用が安く抑えられますが、出来あがって口に入れてからが大変です。入れ歯を装着しているときに口の中に違和感を感じたり固い物を噛みにくくなったりし、お手入れは専用の薬品を購入...

医師免許を取得するためには、医師国家試験に合格しなければなりません。国家試験に合格した後は標榜科目を決め、希望する場合には、同じ標榜科目の医師が研究上の協力・連絡・意見交換などのために組織している「学会」に所属します。各学会では、高い学識や経験を認めた場合に与える認定資格制度が運用されており、それぞれの認定基準をクリアした医師に対しては「資格(呼称とディプロマ)」が付与されます。インプラントの「専...

インプラントは、第二の永久歯と呼ばれていますが、残念ながら半永久的に自分の歯のように使用できる訳ではありません。インプラントの耐用年数は、その後のアフターケアにもよりますが、10〜20年前後となっています。ちなみに交換が必要なのは、インプラントだけではありません。入れ歯で4〜5年に1度のペース、ブリッジで7〜8年に1度のペースで交換する必要があります。そのため、他の方法と比較すると、インプラントは...

あなたは歯ぎしりをしていませんか?自分には関係ないと思っている人も、もしかすると寝ている間に歯ぎしりをしている可能性があります。そして歯ぎしりは、強い圧力が歯に加わる状態なので、インプラントにも悪影響を及ぼしてしまいます。さらに歯ぎしりは、歯周病を悪化させてしまいます。なぜかというと、歯周病で歯を支える骨が少なくなっている状況で、強い圧力が加わるわけです。そのため、骨はダメージを受けて、減少してし...

鏡を見て、以前より歯茎が痩せたと思った事はないですか?歯茎が痩せてしまうと、インプラント治療と並行して、歯茎移植が必要になるケースもあります。またインプラント治療の後に、歯茎が痩せてしまうと、歯茎がインプラントを支える力が弱くなり、グラつき、抜けてしまう可能性もあります。ではなぜ歯茎が痩せてしまうのか、その原因を知り、予防する事が重要です。歯茎が痩せる原因は、いくつかありますが、最も多いのは、加齢...