インプラントの耐用年数とアフターケア

インプラント治療には、お金も時間もかかります。
そのためすぐにインプラントが使用出来なくなってしまっては困ります。

 

ではインプラントの耐用年数は、どれぐらいなのでしょうか?
これは一概に何年と答える事は出来ません。

 

インプラント治療は、治療を受けた歯科医院によって耐用年数が大きく異なってきます。
また治療後の日頃のお手入れや、定期的なメンテナンスの有無によっても、耐用年数は変わってきます。

 

そのためあくまで目安ですが、インプラントの耐用年数は、10年以上と考えておいて下さい。
なので、インプラント治療で保証期間が1年しかない歯科医院は、ちょっと信用出来ません。
インプラント治療に自信がある場合は、耐用年数も10年保証になっているからです。

 

治療を受ける前に、必ず保証期間については、確認するようにして下さい。

 

 

 

そして耐用年数を伸ばすためにして欲しい事は、1日3回、きちんと歯磨きをして下さい。
インプラントとは、人工歯ですから虫歯になる事はありません。
ですが虫歯になる心配がないから、歯磨きをしなくても大丈夫という事にはなりません。

 

なぜなら虫歯にはならなくても、歯磨きをしなければ、歯周病にはなってしまうからです。
歯周病になると、歯茎が下がってしまい、インプラントの金属部分が露出してしまい、インプラントがグラついてしまいます。

 

そのため、歯周病でインプラントを失うリスクもあるため、必ず歯磨きと歯間ブラシを使い、歯周病の予防に努めましょう。

 

加えてインプラントにも、歯垢や歯石は付着してしまうので、定期的に歯科医院でクリーニングなどのメンテナンスを行って下さい。
そのため、インプラント治療は、アフターケアが充実している歯科医院を選ぶ事をおすすめします。

関連ページ

コンピューター診断インプラントで安全
コンピューター診断インプラントで安全
インプラント手術後のメンテナンスの重要性
インプラント手術後のメンテナンスの重要性
無痛・無切開インプラント治療
無痛・無切開インプラント治療