無痛・無切開インプラント治療

インプラントの治療は、手術と呼ばれるぐらいです。
骨を削り、歯茎をメスで切開するため、麻酔をしていても痛いと感じる人も少なくありません。
痛くないインプラント治療を受けたい、そう望む人も多いでしょう。
そんな人にオススメしたいのは、無痛・無切開インプラント治療です。
この治療法は、言葉通り、メスで歯茎を切開しないため、
術中に出血をする事がなく、痛みもほとんどありません。

 

また切開しないため、手術時間も短縮され、安全に治療する事ができます。
インプラント治療には、長期間かかりますが、
この無痛・無切開治療の場合は、切開しないため、癒着期間を必要としません。
そのため短期間で治療が完了するため、費用も抑えられるでしょう。

 

特に血圧が高い人や、糖尿病の人は、無痛・無切開インプラント治療がオススメです。

 

しかし、無痛・無切開インプラント治療は、誰でも治療できるわけではありません。
骨が少ない場合は、無痛・無切開インプラントの治療を行う事はできません。

 

そして切開しないという事は、歯茎の下の骨の状態を、歯科医が術中に目視できないという意味でもあります。
ですから、かなり経験を積んだ歯科医でなければ、判断を誤ってしまう可能性があります。
そのため、無痛・無切開インプラント治療の実績がたくさんある歯科医を選ぶようにして下さい。

 

従来のインプラント治療では、歯茎をメスで切開し、歯をドリルで削るという方法が一般的でした。
そのため手術では痛みを伴い、インプラント治療=痛いというイメージが強くついてしまいました。
しかし、無痛治療が多くの人に支持されるようになり、インプラント治療でも、
メスで切開しない、歯をドリルで削らない。そんな無痛治療を行い、歯科医が増えてきています。