入れ歯やブリッジの長所や短所とは?

歯を失ってしまった時の方法として入れ歯やブリッジという方法があります。
しかし、入れ歯やブリッジはインプラント治療に比べて短所が多くなっています。

 

入れ歯の短所は、顎の骨が痩せてしまっている人は安定が得られにくい、
装着することによって違和感が生じやすい、入れ歯を支える歯や骨の喪失を招きやすい、
新たに歯を損失してしまう可能性が増すこと。
長い間使用し続けることにより次第に顎の骨が失われる、
数年で作り変えたり調整したりしなければいけない、
安定した噛み合わせを長い間維持することができない、発音が上手く出来ないことがあること。

 

ブリッジのは、土台に使用する健康な歯を削らなければいけない、
土台にする歯が両側にないとブリッジできない、
土台に使用した歯にかなりの負担がかかってしまう、失った歯の数が多いと治療できない。
歯周病になりやすい、新たに歯を失ってしまう可能性が増す、複雑になるのでケアしにくくなる、
セラミックを使用した審美性の回復には保険の適用を受けることができない、ということが挙げられます。

 

入れ歯の長所は、短期間のうちに回復しやすいことや、病気がちの人でもケアしやすいことが挙げられます。
ブリッジの長所は、自然の歯と同じような見た目にすることができる、
自分の歯と同じように咀嚼することができる、噛み合わせを回復することができる、といったことが挙げられます。
このような入れ歯やブリッジの長所や短所を見てみると、
費用に差はありますがインプラント治療したほうが良いと言えるでしょう。