インプラント矯正のメリットとデメリット

歯並びが悪く、歯の矯正を考えている人もいるでしょう。
しかし、矯正は時間もお金もかかり、さらに矯正器具を装着している期間は、
日常生活の中でも負担を強いる事になります。
少しでも、矯正時の負担を減らしたい、そんな人にオススメの矯正方法は、インプラント矯正です。

 

矯正とインプラントは全く別物なのでは?
そんな疑問を持つ人もいるでしょう。
しかし、矯正では歯並びの状態がひどいと、抜歯をして矯正を行うケースがあります。
ですが、インプラント矯正にする事で、抜歯をしなくても矯正が行えるようになります。
では、インプラント矯正のメリットとデメリットについて、紹介します。
こちらの治療を実際に検討されているのであれば、八王子でインプラントを得意とする矯正歯科の様な矯正治療とインプラントの双方に精通した歯科に実際相談されることが一番です。

 

インプラント矯正のメリットは、今までの矯正と比較して、歯に強い力を加える事ができるようになります。
そのため、歯を動かしたい位置に移動させたり、動かした歯が戻ろうとする事がなく、スムーズに矯正が行えます。
なので、矯正器具を使用する治療期間が、圧倒的に短くする事ができます。
またインプラント矯正の場合、矯正器具は最小限で済むため、器具をつけている違和感や、虫歯のリスクも減らせます。

 

メリットの多い、インプラント矯正ですが、デメリットもあります。
デメリットは、矯正用インプラントは、短期間しか使用しないものという前提で作られているため、耐久性がありません。
そのため矯正期間中にもたずに、抜けてしまい、再度矯正用インプラントを入れ直す必要があるケースもあります。
耐久性に加えて、強度も弱いため、強い力を加えてしまうと、折れてしまうケースがあります。

 

そして麻酔は使用していても、矯正用インプラントを入れるとき、矯正後取り除く時に痛みが発生する可能性があります。
メリットとデメリットを把握した上で、歯科医と相談のもと、インプラント矯正を使用するかどうか、判断して下さい。