インプラントの医療費控除

医療費控除とは、
その年の1月1日から12月31日の1年間に
自分自身や家族のために10万円以上の医療費を支払った場合に、
上限を200万円として納付した税金の一部が還付されるものです。

 

申告の際には医療費を支払った際の領収書や
通院の際にかかった費用の領収書などが必要になりますから、
それらの領収書は大切に保管しておかなければなりません。

 

なお、医療費控除は、
当年申告できなかった場合でも5年前までさかのぼって申告できます。

 

インプラント治療についてはほとんどすべてのケースで
10万円以上の費用が掛かることから、この医療費控除の対象になるのです。

 

インプラント治療において医療費控除にいう医療費として認められる費用には、
「インプラント治療の費用」と「通院のための交通費」があります。

 

インプラント治療の費用とは検査・診断料、手術料、
フィクスチャー・アバットメント・上部構造補綴物料などです。

 

また、通院のための交通費とはバスや電車など公共交通機関の料金、
公共交通機関での通院が困難な場合のタクシー代などです。

 

公共交通機関の交通費は区間と日付のメモでも認められますが、
マイカーで通院した場合のガソリン代や駐車料は
通院のための交通費とは認められません。

 

医療費を現金ではなく歯科ローンなどを利用して支払った場合でも、
医療費控除は適用されます。
信販会社が立替払いした金額が、
立替払いをした年のその患者の医療費控除の対象になるのです。

 

せっかく、こうした優遇制度があるのですから、
インプラント治療を受けた人は利用しない手はありません。
医療費控除の詳細を知るためや必要書類の受取りをかねて、
最寄りの税務署や役所の税金相談課へ相談に出向きたいものです。