インプラントと金属アレルギーについて

インプラントとは、人工歯と歯根の役割のフィクスチャー、人工歯を取りつける役割のアバットメントなど部品を使用します。

 

そのため、金属アレルギーがある人は、インプラントを埋め込んで、金属アレルギーが起きないのでしょうか?
インプラントと金属アレルギーの関係について紹介します。

 

まず金属アレルギーとは何かというと、金属に対して免疫機能が過剰に働いてしまう症状です。

 

そしてインプラントの治療では、フィクスチャーやアバットメントの部品に金属が使用されています。
ですが同時に金属を使用していても、金属アレルギーが発症しない工夫もされています。

 

 

 

それは、インプラント治療に使用する金属は、医療用の純チタンです。
純チタンは、空気に触れると膜ができ、金属イオンが溶けだす事がありません。

 

金属イオンが溶けださないため、金属を使用していても、大多数の人は金属アレルギーを発症しません。

 

ただし極少数の人に限定されますが、稀に純チタンでも金属アレルギーが発症するケースがあります。
そのため、もし金属アレルギーがあると事前に分かっている人は、治療の前にその事を歯科医に伝えておきましょう。

 

もし金属アレルギーが発症するリスクがある人であれば、金属アレルギーが起こらないインプラントが存在します。
金属を一切使用せずに、アレルギーフリーの素材として、ジルコニアを使用しています。

 

ジルコニアは、人工のダイヤモンドと言われるぐらい、強度に優れ耐摩擦性も抜群です。
骨の結合性と言えば、チタンというイメージが強いですが、ジルコニアも骨の結合性の高さでは、チタンと引けを取りません。

 

ただし、このジルコニアのインプラントの取扱いの有無は、歯科医院によって異なります。
また価格がどうしても、純チタンよりも割高になってしまいますが、金属アレルギーの人にはおすすめです。