インプラントとブリッジや入れ歯との比較

インプラントにしようか、入れ歯やブリッジにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか?
迷っている人は比較してからどちらにするか決めると良いでしょう。
もし、実際の治療を検討しているのであれば西新宿のインプラントを得意とする歯科の様にインプラント治療が可能な歯科での受診をおすすめします。インプラント治療が出来ない歯科を受診しても実際に比較はできませんからね。

 

インプラントと入れ歯を比較すると、
入れ歯はインプラントに比べて治療が簡単ですし費用が安く抑えられますが、
出来あがって口に入れてからが大変です。
入れ歯を装着しているときに口の中に違和感を感じたり固い物を噛みにくくなったりし、
お手入れは専用の薬品を購入して使用し続けなければいけません。
それに比べてインプラントは口に物を入れても違和感がありませんし天然の歯のように固い物もしっかり噛んで食べることができます。
また入れ歯のように1日に何回も取り外さなくて良いので楽です。

 

インプラントとブリッジを比較すると、ブリッジは入れ歯のような違和感や不快感が少ないのですが、
ブリッジを支えるために健康な歯を削らなければいけません。
物を噛むときにブリッジの支柱となる歯に負担がかかりますし、
支柱となる歯が将来的に残存する確率は下がってしまいます。
これに比べてインプラント治療は健康な歯を削ることはありませんし傷つけることもありません。

 

この他に入れ歯やブリッジは歯を失った部位の顎の骨が1年で1ミリくらい痩せてしまうことがあります。
一方でインプラント治療は人工の歯根を顎の骨に直接埋め込みますので、
天然の歯と同じくらいの圧力がかかり骨が痩せてしまうことはありません。
それに良好な歯肉を保ち続けることができます。