歯茎が痩せる原因と予防法

鏡を見て、以前より歯茎が痩せたと思った事はないですか?
歯茎が痩せてしまうと、インプラント治療と並行して、歯茎移植が必要になるケースもあります。

 

またインプラント治療の後に、歯茎が痩せてしまうと、歯茎がインプラントを支える力が弱くなり、グラつき、抜けてしまう可能性もあります。

 

ではなぜ歯茎が痩せてしまうのか、その原因を知り、予防する事が重要です。
歯茎が痩せる原因は、いくつかありますが、最も多いのは、加齢に伴うケースです。
体内でコラーゲンの分泌量が減少してしまい、歯茎のコラーゲンも減少するため、痩せてしまいます。
また加齢に伴い、歯周病の発症率が上昇します。

 

歯周病になってしまうと、歯茎はどんどん痩せてしまいます。
なので、歯周病にならないように、日頃からケアしなければいけません。

 

そして歯磨きの方法が間違っている場合も、歯茎が痩せる原因になります。
歯磨きは、汚れをしっかり落とそうと、強い力でゴシゴシと磨いていませんか?
実は、力を入れ過ぎると、ブラシが前後左右に広がるため、逆に歯は磨けていません。

 

そのため意識して歯磨きの際には、力を抜くようにして下さい。
他にもNG行為として、歯ブラシを濡らしてから、歯磨き粉をつける。
歯磨きの後に何度も口をすすぐなどの行為をしていませんか?

 

実は、どちらもNG行為で、歯全体に歯磨き粉を届けるには、乾いた歯ブラシを使用して下さい。
そして歯磨き粉の成分は、フッ素が含まれているので、すすぎは1回で、フッ素を口の中に残すようにしましょう。

 

歯垢は歯周ポケットの付近に付着するので、歯茎に近い部分の歯を特に念入りに磨きます。
歯ブラシの持ち方は、ペンを持つように持つと、上手に力が抜けて歯垢が落ちやすくなります。
正しい歯磨きの方法をマスターし、歯茎が痩せない生活習慣を身に着けるようにして下さい。