ファイバーコアについて

虫歯の進行がすすんでしまうと、虫歯の治療で歯の神経を抜かなければいけない場合があります。
歯の神経を失うと、歯はもろくなってしまいます。
しかしファイバーコアという治療法を行えば、神経を失った歯を強化し、歯の寿命を延ばす事が可能になります。
ファイバーコアは、グラスファイバーの芯と、強化プラスチックで出来た歯の土台です。

 

歯の土台をファイバーコアにするメリットは、歯が強化する事に加え、歯の根の変色を防ぎます。
またファイバーコアの材質は金属は使わないため、金属の成分が漏れ出して歯茎が黒くなるという事がありません。

 

歯の土台を銀の土台にする場合は、歯を削る必要があります。
ただでさえ、虫歯で神経を失って削られた歯が、さらに削られてしまうと、歯の根に穴があく可能性があります。
万が一歯の根に穴が開いてしまえば、土台が完成した後も、痛みが残り、歯の噛む力が弱くなってしまいます。

 

それに銀で土台を作る場合は、金属アレルギーに注意しなければいけません。
自分は金属アレルギーではないから、関係ないと思っている人もいるかもしれません。
ですが、アレルギーとは、それまで大丈夫だったのに、
ある日いきなり限界値を超えて、アレルギー反応が出てしまう事があります。
治療前は金属アレルギーではなくても、治療後に金属アレルギーになってしまえば、
口の中ですから、日常生活で様々な支障がでてしまいます。
長く使用する事を考えると、金属アレルギーではなくても、ファイバーコアを使用する事をおススメします。
ファイバーコアの材質は、オールセラミッククラウンがオススメです。