インプラントと差し歯の違い

インプラントと差し歯は一緒だと思っている人もいるのではないでしょうか?
それは大きな間違いで、インプラントと差し歯には治療法などが全く異なります。

 

インプラント治療は外科手術で歯茎に歯根を埋め込んで人工歯を入れます。
歯を完全に失ってしまった場合でも治療を受けることができます。
埋めた人工歯が歯根に定着するまでに少し時間がかかりますので
治療期間が半年くらいから1年くらいかかることがあります。
差し歯は虫歯や欠損などの歯を削って土台を作り、その土台の上に歯の被せものをします。
最初に歯の神経をとって土台を作り、それから差し歯となる型をとって作るのですが、
3週間くらいから1カ月くらいで治療を終えて歯が入るまでになります。

 

費用の違いとして、インプラント治療は1本につき平均で30万円から40万円くらいになり、
保険が適用されることはほとんどありません。
差し歯は保険が適用されると3千円から8千円くらいになり、
保険が適用されないと4万円から12万円くらいかかります。
仕上がり具合の違いはインプラントのほうが美しく見えます。
インプラントは人工歯に見えないほどの綺麗な仕上がりになり、
差し歯の場合はインプラントに比べて少し劣ります。
ある程度の期間が経つと黄色く変色しますので、
いつまでも綺麗な歯でいたいならインプラントのほうが良いと言えるでしょう。

 

また差し歯の場合は中が傷むことがありますので歯科に行って治療を受ける必要があります。
治療を受ける前に歯科に行って色々と相談してから決めると良いでしょう。