インプラント、入れ歯、差し歯、ブリッジの違い

歯を失う原因として代表的なものには、
「虫歯(進行度合いC4)・歯周病・破折」などがあります。

 

こうした場合には、歯を失った部分は人工歯を使って
「インプラント・入れ歯・差し歯・ブリッジ」のいずれかで治療するのが一般的です。

 

ここでは、それぞれの治療の方法や特徴についてみておきましょう。

 

「インプラント」は、歯を失ってしまった部分の顎骨に
インプラントと呼ばれる人工歯根を外科手術で埋入し、
インプラントと顎骨が固着した段階で歯根の上に歯を取り付けます。
高い費用を必要とする治療法ですが、
第二の永久歯と言われるほどもともとの歯に近い噛み心地と強さを取り戻せます。
大島で評判の歯科は、インプラント治療を受けたい方に人気があります。

 

「入れ歯」は、金具を健康な歯に引っ掛けたりバネで支えたりして
失った部分に人工の歯を入れて固定します。
健康な歯を、支柱にしたり削ったりする必要はありません。
取り外しができるので手入れが簡単ですが、
構造的に外れやすく噛む力もインプラントやブリッジよりも弱くなります。

 

「差し歯」は、失った歯の歯根部分に
芯になる金属やプラスチックでできた土台(コア)を立て、
そのコア上に人工歯を被せる治療です。
差し歯治療は歯根が残っていることが条件ですから、自分の歯根を残せる利点があります。
しかし、人工歯や土台に保険適用外のものを使用すると費用が高くなります。

 

「ブリッジ」は、欠損部分にピッタリと一致する人工の歯を作り、
歯を失った部分の両隣の健康な歯を支柱にして橋渡しをするように入れる治療です。
入れ歯に比べれば安定感があり噛む力も回復しますが、
健康な歯を削る必要がありますし
歯を失った部分の骨が痩せて空間ができる場合があります。

インプラント治療と従来の治療の違い

インプラント治療は、失った歯の場所や数・骨の状況・健康状態など
患者の条件によって専門的な治療法がありますが、
従来の一般的な治療とインプラント治療にはどのような違いがあるのでしょうか。
 

 

このサイトでは、抜歯したり欠損したりした「歯の本数」によって
従来の治療法とインプラント治療でどのような違いがあるかを具体的に紹介します。

 

まず「歯を1本失った場合」です。
従来の方法では両隣の健康な歯を削って支柱にし、
欠けた部分を補うブリッジで治療します。
この方法では、削った部分が虫歯になったり
歯の抜けた部分の骨が次第にやせたりすることがあります。
インプラント治療では、歯のない部分にインプラントを埋入するだけです。

 

次に「歯を複数本失った場合」です。
従来の方法では、裏側に金具を使用して連結した義歯を
健康な両隣の歯にバネをかけて固定します。
そのため口の中に違和感が残りますし、
バネをかけた両隣の歯には負担が掛かってしまいます。
インプラント治療では1本ずつ埋め込むのではなく、
歯のない部分にピッタリ一致するインプラントを埋入します。
そのことで健康な歯に負担がかりませんし、金具などの違和感なく治療ができます。

 

最後に「歯を全て失った場合」です。
従来の方法では総入れ歯を作製し、歯肉との粘着力で総入れ歯を支えます。
噛む力の回復は弱く、異物感があります。
また、味覚を感じなくなったり発音障害になったりする場合があります。
インプラント治療では、インプラントが顎骨へ固定されることでガタつきはなく、
もともとの歯に近い噛み心地と強さを取り戻せます。
また、発音障害や手入れの面倒臭さなどもありません。

更新履歴